2019年

11月

12日

大量のピーナッツを食べる日々

 

 

落花生の出荷をしています。

今年は二つの畑に植えたのでたくさん出荷しています。

不作の場所があり、穴があいたり茶色くなったりして出荷できないのもでました。見た目が悪くてB級品ですが全然おいしいです。

カロリーとか無視ですね。

 

食べにきてください。

2019年

11月

11日

脱穀をする日々

収穫して乾燥させたおこめを、籾刷機→選別機→石抜き→袋詰めする作業を黙々としています。

 

 

 

 

2019年

11月

10日

家族の台所へ出店しました。

また、撮るのを忘れてました。

2019年

11月

09日

サフランの花

咲いたぜ、サフラン

これがうわさの雌しべだ。いやおしべか?

2019年

11月

08日

脱穀、石抜き、袋つめ

乾燥した米を脱穀します。

3台の機械を同時に動かしていきます。

ハラハラしますがうまく稼動できました。

 

 

おおおーー新米だぁ。

2019年

11月

07日

脱穀準備

記録:

乾燥12日間

 

 

 

2019年

11月

06日

冬のミニ根菜

 

 

虫の影響でできるのが遅くなってしまいました。

 

ミニ人参、ミニこかぶ、ラディシュのセットです。

 

2019年

11月

05日

11月、根菜の出荷を始めました。

 

 

 

今日から根菜の出荷を始めました。

初収穫の今日は「大きくなってますように」とぶつぶつ祈りながら、

引っこ抜きました。

まだ、小ぶりでしたが収穫できました。

 

冬野菜、いよいよ始まりです。

 

2019年

11月

04日

乾燥12日目です。

 

12日目で、ようやく目標の水分量の状態に乾燥しました。

 

外気の湿度をみながら、ゆっくり乾燥させました。

乾燥が終わったので、米を乾燥機から排出し、次は籾をとる脱穀の作業をします。

 

今日は、仲間のお米も収穫しました。

お米は収穫をしたら、すぐ乾燥をさせないと蒸れて痛むので、

お米が混ざらないよう、機械の段取りをくむのが綱渡りです。

2019年

11月

03日

サツマイモを掘りました。

今日はサツマイモを掘りました。

ねっとりと甘い「べにはるか」です。

 

 

籾殻を2年かけて雨風にさらしたものを土に混ぜました。

土は空気や水を含み、水はけも良くなりいい感じに育ちました。

大きく肥ったのが、たくさん採れました。

そして、芋の切り口から白い汁がたくさんでています。

今年のは甘そうだ。

 

採ってからしばらく寝かします。甘みが増してきたら出荷始めます。

来月から出荷予定です。

 

2019年

11月

02日

お米の乾燥をしています。10日目

収穫したお米を乾燥中です。

 

この大きな乾燥機の中に収穫したお米が入っています。

普通は熱をかけて乾燥させるので1日で終わりますが、うちは熱はかけたくないので送風だけで乾かしているので時間がかかっています。

 

10日目、ようやくお米の水分量が目標の14.5%に血被いてきました。

 

あと残り1日で乾きそうです。

今年は、メモリいっぱいまで、お米がとれたので、乾燥にも時間がかかっています。

 

乾燥が終わると、籾をとったり、袋つめしたりと作業が続きます。

 

今年は雨が降らず乾燥していて、天気に恵まれて作業が順調です。

2019年

10月

31日

柿の酵素ジュース

 

実が硬い柿は、干し柿にします。

 

実が柔らかい柿は、砂糖に漬けて酵素ジュースにしました。

 

発酵してきました。

2019年

10月

30日

干し柿に

 

たくさん採れた柿。これ皮をむいで、干さねば。

2019年

10月

29日

しょうが

しょうががたくさん採れています。

2019年

10月

28日

セルバチコの花がたくさん咲いています。

 

野生のルッコラです。

2019年

10月

27日

冬じたく

朝晩冷えます。

ラディシュなど、白い不織布などをかけて防寒していきます。

2019年

10月

26日

蓮根収穫風景1

遊ぶやっさん。

 

この水の勢いで蓮根を掘っています。

 

photo by Okada Kazuki

2019年

10月

25日

蓮根収穫風景2

まじめに掘るやっさん。

 

腰までつかってますが、掘るために足をかがめています。

深さはひざくらいです。

 

photo by Okada Kazuki

2019年

10月

25日

米 品種 アケボノ

記録

 

<田植え(手植え)>

 

一枚目の田んぼ
6/9-6/11

2枚目の田んぼ
6/12-6/17

 

<稲刈り>

10/23

 

 

 

 

2019年

10月

24日

稲麹、発見。

稲刈りのとき、2粒、稲穂についていた黒い塊をみつけました「稲麹」です。

 

調べると、

昔はこれをおいしいお米の証といううれしい言い伝え。

これで麹もできるそうです。

 

と、

 

これは、病害の菌として農薬で防除する。

と両極面の諸説がありました。

 

 

 

 

無菌かよ。

 

2019年

10月

23日

稲刈り2019

今日は稲刈りをしました。

 

収穫時期、適期。

天気も良く、

機械の調子もOK、

地面の乾きも問題ない。

稲刈りのベストコンディションでした。

 

1年目は、田んぼの土が乾かなかったので、皆で手刈りしました。

2年目は、洪水で稲が流されてしまいました。収量は少なかったです。

苦労した米づくりでしたが、

3年目の今年、稲がたわわに実りました。

 

 

今年から「アケボノ」というお米をつくっています。

1953年(昭和28年)につくられた古い品種で、

昔の米のおいしさがあるそうです。
いまではあまりつくられていないそうです。

 

普通、田んぼは田植えをする前に耕して、泥をトロトロにやわらかくして苗を植えますが、他にもいろんな考えややり方があります。

うちと同じように田んぼをたがやさない不耕起栽培で、苗を手植えしてお米をつくっている農家さんから、この「アケボノ」の種を譲りうけました。

 

やっさんが1本1本手植えした苗がどんどん分けつして、大きな株になり、肥料もいれてないですが、こんなにたわわに実ったのをみてびっくりしています。

土の中の環境が安定していると、稲もすくすく育ちました。

稲や野菜を長年育てていると、大きく育つとか、早く育つとかではなく、この「すくすく」ぶりに注視します。野菜が本来持つパワーでまっすぐ育っていくようなイメージです。

 

田んぼ1枚目、草が少しありましたが、よく乾いているので順調に刈れました。

あっという間にコンバインの米をいれるボックスが一杯になりました。

今年はいっぱい採れそうです。

 

田んぼ2枚目です。倒れ掛かった稲もありましたが起こしながらどんどん刈りました。

1年目は途中で機械が壊れて日が落ちて真っ暗になったりもしましたが、

今年はびっくりするくらいスムーズで予定より早く終わりました。

 

収穫したお米を乾燥機にいれます。

普通の乾燥のさせ方は、熱風をかけて速乾させますが、うちは熱はかけず風乾燥でゆっくり乾かします。

 

2019年

10月

22日

今日の夏秋トマトです。

 

 

マンマルツァーノ、マイクロトマト、ミニトマト、

たくさん採れています。

 

 

 

 

 

マイクロトマトです。小さいですが美味しいです。

たくさんあるときは、採るのに一時間くらいかかることもあります。

 

トマトは涼しくなるとさらに美味しくなります。

2019年

10月

21日

マンマルツァーノ今がいちばん美味しい!

もう朝夕、寒いです。

 

木が復活し、マンマルツァーノを再び出荷しています。

このトマトは、真夏より、晩秋から初冬にかけてが一番美味くなります。火を通すと酸味と旨みがしっかりでます。

 

真っ赤に熟すまで時間がかかりるのですこし青みがありますが、数日間追熟すると赤くなります。

 

 

 

そしてフレンチマリーゴールドの花も満開になりました。

マリーゴールドはトマトの虫除けにもなります。

 

 

 

2019年

10月

20日

収穫祭の話合い

 

 

 

あと約1ヵ月後になった収穫祭です。

 

出店者さんを集めたり、チラシを印刷したり、会場の手配をしたりと、

話合いをしながら進めています。

出店者、農家、ボランティアさんとでつくる手作りのマルシェです。

 

2019年

10月

19日

お米が実ってます。

 

田んぼの様子です。

お米がたわわに実っています。

久々に雨が降り、重みで稲が倒れかかっているところもありますが、

どうにか持ちこたえています。

 

収穫まであと少しです。

それまで倒れるな、稲。

猪もくるなよ。

もう台風もくるなよ。

と、ハラハラします。

 

新米が楽しみです。

 

 

 

 

2019年

10月

18日

蓮根出荷しています。

 

掘りあげた蓮根をきれいにしているところです。

 

 

 

今日は節で切らず、掘った姿をそのままのお渡しする注文だったので、

角を折らず作業するので大変でした。

 

毎晩、蓮根を食べています。

甘みがあってしゃきしゃきとして美味しいです。

 

ご注文受付中です。

 

大きさにもよりますが、1本800円ぐらいです。

 

2019年

10月

17日

蓮根掘りをしているやっさん

 

 

今日は久しぶりに雨が降りました。雨の中、やっさんが蓮根を掘っています。

 

蓮根の畑は2か所あり、ここは1か所目の畑です。

3月頃までに全部掘り終えます。

 

2019年

10月

16日

第3回有機農家の収穫祭

 

収穫祭のチラシができました。

 

ちいさな個性的なお店が集まっています。

まめな暮らしのお店です。

 

 

2019年

10月

15日

カステラ饅頭、白餡

兵庫県から来た農業研修生くんのおばあちゃんのお店のお饅頭もらいました。40年つくり続けているそうです。

お祭りの時には大行列ができるそうです。

シンプルでやさしい味です。

なん十年もつくっているからこそ出せるおいしさです。

 

 

 

 

2019年

10月

14日

楽観堂の庭先で小さいマルシェ

 

 

今日は楽観堂の5周年、庭で小さいマルシェがありました。

 

 

 

朝ごはんのナンドイッチです。

 

静かに進化していく楽観堂カレーです。

ひとさじ食べると考えさせられるような深さがあります。

 

 

2019年

10月

13日

広島パンマルシェ、行ってきました!

今日は広島のパンマルシェに出店しました。

(なんと残念なことに、カメラの充電が切れてて写真が撮れてません、、。)

 

11時開場なのに2時間以上前から並んで待つお客さんがいたりと、

会場の会館に入るのに長蛇の列でした。。。

全国から117店舗のパン屋さんのパンが集まる予定だったけど、昨日は日本列島が台風で大荒れだったので物流が動かなくて届かないパンもあったそうです。担当した人、胃が痛くなりそう。。。

 

うちのブースは会場の外の飲食スペースの脇で、

目の前でFM広島のDJやすさんが一日中音楽かかってて、

初めて米津玄師の曲をフルできいたー。

 

 

うちのブースにもピクルス好きのお客さんが来てくれて売れてよかったー。ピクルスの美味しさを一日中語ってた日でした。

 

パン屋さん特化した包装材を卸す、タイヨーパッケージさんがパン屋さんを応援するためにこのイベントを開催しているそうです。

うちのような小さい出店にも立派なブースを用意してくれて、ありがたかったです。

 

パンマルシェは今日と明日もあります。

 

https://hiroshima-painfesta.com/

 

2019年

10月

12日

うまい!きゅうり

 

 

 

時期によってとれるきゅうりの表情が違います。

今頃採れるきゅうりは実が引き締まって硬く、

一口食べればおいしくてびっくりします。

 

そしてこのとげ。

きゅうりのとげのぼこぼこが大きくて、鬼の金棒みたいにちょっとした凶器です。

昔の味のきゅうりの美味しさです。

 

2019年

10月

12日

ついにこれまでも、、、

 

いろんなものを捨て、ビーワックスで家中をピカピカに磨き上げるやっさん。

 

ついに農家のバイブル「現代農業」(という農業雑誌)も捨てるそうだ。

農業の知恵の宝庫、8年分。

 

すてまっせー

 

もったいないからいる人を探そうとする、貧乏性の私。

 

2019年

10月

11日

パンマルシェでピクルスを販売します。

 

 

 

 

 

ピクルスの発送、間にあいました。

 

13日、14日に広島でパンマルシェがあります。

全国のパン屋さん117店のパンが買える、日本で一番パン屋の数が多いマルシェです。

うちは会場の外のブースでピクルスを売ってます。

 

https://hiroshima-painfesta.com/shoplist/shop2220

 

 

 

 

 

2019年

10月

10日

渋柿のずくし

 

 

 

甘くて、トロトロです。

2019年

10月

09日

裏庭の渋柿が復活

4年前、この柿の木はただの枯れた木でした。

 

木のまわりの竹を切ると太陽が当たるようになりました。

株元に枯れ草を集めたり世話をしていると、

年々葉っぱの数が増えてきました。

そして去年は2つ実がつきました。

うれしくて食べたら渋柿でした。

 

そして今年は柿が鈴なりにつきました。

渋柿を完全にジュクジュクになるまで熟して、

トロトロになったのをスプーンですくって食べるのがうまいす。

 

 

 

2019年

10月

08日

これはこんにゃく芋です。

こんにゃく芋を掘りました。

この大きさになるのに3年かかりました。

これでこんにゃくが30から40個はできます。

 

横にのびでいる角のような部分は種です。これを植えると大きくなります。

2019年

10月

07日

みたことのない花が咲きました。

ウコンの花です。

 

今年もたくさんのウコンを植えています。

 

 

 

 

2019年

10月

06日

今日はおのみち家族の台所へ出店しました。

 

 

写真を撮るのを忘れていて野菜が少なくなりました。

 

売れ筋は、

レンコン

おくら、

大きい栗

なす

ひも唐辛子

が人気でした。

 

初掘りの蓮根ももっていきました。

去年買ったのを覚えていてくれたお客さんがたくさんいてうれしかったです。

蓮根の旬はもっと寒くなってから、11月、12月ごろなので、

いまはまだ甘みがのる前ですが、シャキシャキとしているのでキンピラが美味しいです。

 

2019年

10月

05日

今年のレンコン堀りが始まりました。

 

今期、初掘りの蓮根です。

 

ずっと野菜をつくってみていると、どの野菜にも顔とか個性があるのが分かります。

今日、この蓮根を磨きながら「うちらしい蓮根だなー」と感じました。

 

うちの農園は、本郷町南方上三田地区にあり、

なん十年もここで蓮根をつくっていた畑を去年受け継ぎました。

なのでこの蓮根は「上三田蓮根」と名付けました。

 

ぜひ、ご賞味ください。

 

 

2019年

10月

04日

復活するトマト

 

 

夏の長雨と湿度で弱っていたマンマルツァーノが、

復活してきました。

青い実がたくさんついています。

これらが、寒くなるギリギリに赤く熟します。

2019年

10月

03日

紫唐辛子です

 

 

 

こうもり城みたいですが、

この時期になるとたくさんとれる紫唐辛子です。

 

火を通すと薄緑色になります。

辛味はないので、ピーマンのようにつかえます。

2019年

10月

02日

唐辛子ピクルスの仕込みです。

 

今日も唐辛子を漬け込みました。

 

 

 

これは5年以上前に漬け込んだハラペーニョのピクルスです。

 

どれどれ、味見。

 

辛味も食感も香りも生きてて、うまいです。サンドイッチにバッチリ!!!!

 

2019年

9月

30日

畑の準備ができました。

新しい畝ができたので、これからたくさん種をまきます。

2019年

9月

30日

栗がどんどん採れだしました。

 

家の裏の栗の木です。

今年は、たくさん実がついています。

大きい粒の栗です。

2019年

9月

29日

スパイスカレーの作りかたを学ぶから学ぶ

楽観堂のカレーをバナナの葉にのせて。

 

 

シンプルな材料。

 

焦げないように耳と鼻を研ぎ澄ます。

2019年

9月

28日

黄色のとうがらしです。

 

たくさん唐辛子がとれた。

黄色もあります。

 

これから唐辛子のピクルスをつくります。

 

2019年

9月

27日

今年の栗が採れはじめました。

 

 

例年より1週間遅れで、栗がとれはじめました。

 

今日は、5粒。

 

2019年

9月

25日

台風がすぎて、

 

台風の風できゅうりの支柱が吹っ飛んだと思って、

朝、見に行ったら倒れず立っていました。

ところどころ、支柱が折れていました。

きゅうりの葉っぱや蔓がハンパなく重たくて、

持ち上げるのはむりなので元通りにはなりません。

補強をいれたのでどうにか立ってます。

あと2週間くらいでおわりになるのでそれまでもってくれ。

 

 

2019年

9月

24日

秋のおくら

 

夏野菜は、冷え込むとおくらが真っ先に採れなくなります。

全然大きくなりません。

いろんなサイズで出荷してますが、結構大きくても食べられます。

 

2019年

9月

21日

ひよめきで野菜の販売をしました。

今日は「ひよめき」でドーナツの予約販売と種の交換会のイベントがあり、うちは野菜の販売をしました。

 

これは、ドーナツとパフェの写真です。

 

手間ひまかけて、大切につくってありました。

ほっこりしました。

ものづくりをしていてよかったと思うことは、同じ生産者さんの思いを感じることができることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年

9月

20日

マートルの葉っぱ

レモンマートルの葉っぱです。

 

レモンの香りがします。

 

うちのシンボルリーフがはいっています。

2019年

9月

18日

ルッコラが採れてます。

 

 

 

夏と冬とで味がちがいます。

 

 

2019年

9月

16日

オクラが採れています。

 

 

広島の在来種のオクラです。

肉厚で種が大きくて、食べ応えがあります。

 

スーパーへ出荷するときは、大きさを揃えて袋にいれたほうが良く売れます。

 

うちならではの栽培方法で育てています。見に来てください。

2019年

9月

15日

農家の仕事:野焼き

 

 

田んぼの周りの草刈りをして、草焼きをしました。

2019年

9月

14日

いろんな関係性がある。

 

 

人参の芽です。

 

日照りが続く中、ようやく出たのですが、気がついたらバッタに食べられて、半分くらいになってしまいました。

 

 

 

 

人参の畝を歩くと、なん十匹というバッタが飛び立って逃げます。

 

人参の畝の隣に、なすの畝がありバッタは人参を食べているときに、人間や鳥がくるとなすの畝に隠れます。

敵がきたら茂みの中に逃げ込めるので、安心して食べ放題です。

 

今まで人参をバッタに食べられたことはなかったのですが、

ここの畑で学んだ、バッタと茂みの関係性です。

 

急いで、これ以上食べられないよう、白い布をかぶせました。

 

畑によって環境が違うと、いろいろ予期しないこともあります。

 

 

 

 

 

2019年

9月

12日

バナナの木

 

 

熱帯雨林のような蒸し暑さの日がつづいていて、

バナナもどんどん大きくなっています。

今年こそはとみんな期待していますが、

まだ実はついていません。

2019年

9月

11日

秋なすの時期です。

 

 

焼いても漬けても美味しい、秋なすびです。

 

 

2019年

9月

10日

あまった野菜をどうするか。

野菜をつくっていると、できすぎたり、形が悪かったりする野菜をどうするかが、永遠のテーマになりそうです。

 

今年の冬、黄かぶがたくさんとれました。

茹でてミキサーにかけると、きれいな黄色のペーストなりました。

黄かぶのシャーベットです。

冷凍保存しました。

夏。

 

黄かぶのシャーベットをバナナや豆乳と一緒にミキサーにかけます。

かぶのスムージーです。

まさか、かぶがスムージーになるとは。美味しいので飲んでます。

2019年

9月

09日

きゅうりがなり続けています。

 

1回目に植えたきゅうりは、葉が黄色になりぼろぼろな状態です。

それなのに、朝晩、まだきゅうりが成り続けます。

 

このきゅうりの種は、中岡農園の奇跡です。